エージェントまとめ

30代が転職エージェントを使うならどれ?現役人事担当が激選!

ばたやん
ばたやん
大手部品メーカーで人事担当を勤めているばたやんです(現在3社目)
仕事では採用活動や人材教育に携わっています。

Twitterアカウント:フォロワーは4,700人ほど

こんな悩み持っていませんか?

転職エージェントが多すぎてどれを使えばよいか分からない

転職サイトと転職エージェントはどちらがおすすめなの

こんな悩みを解決する記事になっています

私はこれまで転職を2度経験し、様々な転職エージェントを使ってきました

この記事を読めば30代の方がどの転職エージェントが自分に合っているか分かります

なぜなら私は人事担当として普段からいくつもの転職エージェントと取引をしているためそれぞれのエージェントの特色を把握しています

この記事を読み終えた後、自分が利用すべきエージェントが分かりスムーズに就職活動を始められるでしょう

30代おすすめ転職エージェント4選

30代は20代の転職と違い、即戦力が求められます

マネージャーやリーダーでの就職を狙うことも可能なため、大幅な年収アップをすることもできます

転職サイトと転職エージェントどちらもを使えばいいの?

私は転職エージェントを使うことをおすすめしています

なぜか?!

転職エージェントが保有する求人の方が転職サイトより圧倒的に多いのです

転職サイトは掲載するのに100万円近い料金がかかります

一方で転職エージェントは求人掲載が無料ででき、採用に至った場合に企業は費用を支払う仕組みになっています

そのため大多数の企業はリスクが少ない転職エージェントに求人掲載の依頼をしています

また転職サイトは気軽に応募できるため、転職サイト経由の応募は非常に多いです

そのため採用担当者は書類を見切れないため学歴や転職回数、居住地などでフィルターをかけるので機械的に選考落ちしてしまう可能性があります

さらに転職サイトは自分で求人を探さなければなりません

転職エージェントは自分に合った求人を紹介してくれるので、スムーズに転職活動を行うことができます

転職活動の進め方

①転職エージェントに登録する

②求人を提案してもらうまたは求人を検索して探す

③転職エージェント経由で応募する(推薦文を書いてくれます)

転職エージェントによって取り扱う求人が異なるため3~5社登録して使用することをおすすめします

リクルートキャリア

img src=job-change.jpg alt=第二新卒の転職

公式サイト

まず最初に紹介するのは業界最大手の転職エージェント『リクルートキャリア』です

新卒の就活で『リクナビ』の名前を聞いたことがあるかと思います

業界NO.1の会社とあって、求職者に提案する求人の数はどの会社よりも多いです

年収650万円以上のハイクラス転職を狙う方も中小企業から大企業への転職を狙う方も登録しておいて損することはまずないエージェントです

年収650万円を超えるとリクルートエグゼクティブエージェントが担当となります

ただの転職ではなく部長や経営層クラスへの転職を狙うこともできます

またリクルートキャリアの魅力はスピードです

書類選考依頼、面接調整から入社連絡まで非常に素早く対応してくれます

マイナビエージェント

img src=job-change.jpg alt=第二新卒の転職

公式サイト

私が第二新卒の時に入社を決めた会社は『マイナビエージェント』でした

リクナビと同じく学生の就活サイトでおなじみ『マイナビ』はみなさんも聞いたことがあるはずです

業界大手のエージェントとあって取り扱う求人は豊富ですし、転職ノウハウも教えてくれます

積極的に年収交渉も行ってくれます

私は入社を決めた企業から当初提示された額が自分の納得のいくものではなかったのでマイナビに年収交渉の依頼をしました

すると約100万円年収がアップして入社することができました

登録しておきましょう

doda転職エージェント

img src=job-change.jpg alt=第二新卒の転職

公式サイト

マイナビと平行して私が利用したのは『doda転職エージェント』です

業界大手とあって、求人の数は非常に多いです

doda のいいところは遠すぎず近すぎない距離で接してくれるところです

担当者は30代の方が多く、相談しやすい雰囲気を作ってくれるエージェントです

私は過去にdoda経由で内定を5社もらった(ほかに条件の良い会社があったのですべて辞退しましたが)ので自分に合った求人を勧めてくれる会社として信頼しています

JACリクルートメント

img src=job-change.jpg alt=第二新卒の転職

公式サイト

JACリクルートメントはハイクラス求人に特化した転職エージェントです

初めての転職でJAC経由の紹介で内定をもらったことがあるのですが、当時は20代の転職支援も行っていました

ここ数年でハイクラス求人に的を絞るようになったのですが、大幅な年収アップを狙うのであればJAC リクルートメントを使用しましょう

外資系の会社や大手企業、優良企業の求人を保有しています

ただ拠点があまり多くないので、地方在住の方にはあまりおすすめはできません

JAC拠点東京、北関東(群馬/栃木/茨城/埼玉)、横浜(神奈川)、甲信越(山梨/長野)、
 名古屋(愛知)、静岡、大阪、京都、神戸(兵庫)、中国(広島/岡山)

転職サイトを使用して転職することは推奨していませんが、企業の口コミを集めることができたり、自身の市場価値を測れるサイトを紹介します

転職会議

img src=job-change.jpg alt=第二新卒の転職

登録はこちら(公式サイト)

ミイダス

img src=job-change.jpg alt=第二新卒の転職

公式サイト

自分にどのくらいの価値があるのか測りたい!そんな時は『ミイダス』を使ってみましょう!

数問の質問に回答すれば、自分の年収や適正な求人がどういったものか分かるようになります

私は転職するときに1つの指標とするために使っています

自分に提示される金額はどのくらいなのか、年収交渉の材料とすることができます

時間を要さないので一度やってみる価値はあります

最後に:30代が転職をするにあたって

冒頭に申し上げた通り、30代は20代の転職と違って、転職難易度がグンと上がります

30代に求められるのは経験を活かしてくれる即戦力だからです

20代の転職では年収アップを狙っても大幅に上げることは難しいです

しかし、30代は経験値が大きくなり、大企業の平社員だった社員が中小企業の役員になったりすることもあります

転職活動は自分を売り込む活動です

自分は次の会社で何ができるのか?どんな価値を提供できるのか?

これを企業にアピールして企業が求める要件に合致すればオファーをもらうことができます

志望動機は新卒の就職活動で非常に重要だと言われますが、ぶっちゃけ30代の転職ではあまり意味を成しません

企業は熱意のある方よりも『使える人財』が欲しいからです

『御社は社会に貢献するサービスを作っているので』

『御社の取組みに魅力を感じて~』

ほとんど意味がありません

転職活動は『自分の自慢』をするのではなく、企業が求めることに対して『こういうことができます!』と伝えるようにしましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました

ABOUT ME
ばたやん
大手メーカーの人事担当者です。採用・教育・給与計算・人事制度の構築と幅広く人事業務に携わっています。 キャリアコンサルトも経験しており、あなたの仕事の悩み解決をお手伝いします。 経歴 株式会社マキタ営業職→ITベンチャー人事担当→大手メーカー人事担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です