仕事の悩み

上司と合わない!ストレスを感じるなら逃げるは恥だが役に立つを実行

新卒・中途で入社した企業

期待と不安に胸を躍らせ働き始めるものの、気づけば上司と合わないかも……..

ばたやん
ばたやん
大手部品メーカーで人事担当を勤めているばたやんです(現在3社目)
仕事では採用活動や人材教育に携わっています。

Twitterアカウント:フォロワーは4,700人ほど

こんな悩み持っていませんか?

上司と性格が合わなくて仕事がしづらい

上司が理不尽なことばかり言ってきてむかつく

上司がストレスとなり耐えられない

こんな悩みを解決する記事になっています

この記事では合わない上司がいる場合の対処法を解説していきます

私はこれまで合わないと感じる上司が2名いましたが、対処法を見つけストレスなく仕事をすることができています

自分が生理的に受け付けない上司がいる場合、とるべき処置を紹介いたします

こちらの記事を読み終えた後、解決策が分かるようになっているでしょう

ちなみにこの記事のタイトルに含まれる『逃げるは恥だが役に立つ』は大ヒットしたドラマのタイトルですが、意味を書いておきます

自分の戦う場所を選べということを意味です。 今自分が置かれている環境に依存するのではなく、逃げることも選択肢にいれ、自分のベストが発揮できる環境に行こうという意味

上記のようなことを踏まえ解説していきます

上司が苦手だと感じている人の割合

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

上司が苦手・嫌いと感じている人は多く存在します

割合で言いますと『好き』45.7% 『嫌い』54.3%です

参考:マイナビニュース

ばたやん
ばたやん
なぜこんなにも上司が嫌いな人が多いんでしょうか

主な理由は4つあります

上司が嫌いな理由①仕事の指示に一貫性がない

仕事の指示に一貫性がなくその場その場で自分のルールを作る傾向にあります

発言内容もコロコロ変わるので『そんなこと言った?』をよく口にします

新しい提案に対しては主観的な意見しかだせないので自分が良いと思うか悪いと思うかで物事を判断しがちです

上司が嫌いな理由②気分屋で高圧的な態度が目立つ

自分の機嫌が悪いと攻撃的になり、立場が上なことを利用して意見を否定してくる方がいます

指導している』と勘違いしている人も多いです

指導とは否定することではありません

部下を成長させるために教え導くことを言います

上司が嫌いな理由③パワハラ・セクハラ

パワハラ・セクハラをされている人がいれば即刻法的な対応をするようにしてください

パワハラが原因で自殺する社員もいますが、死ぬ必要は絶対にありません

死ぬ勇気があるなら上司に思いっきり立ち向かってやりましょう

上司が嫌いな理由④細かいことにこだわる上司

細かいことにこだわる上司は嫌われがちです

参考記事

細かい上司に疲れる 原因は社風にあり!ストレスをなくす方法とは?!

部下が行っていることにいちいち首をツッコミ口だしをする

聞いてもいないアドバイスをしてくる上司は『ただのおせっかい』です

上司と合わない理由の多くは上司の問題

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

上司へ毎日ストレスを感じる……….

もしかしたら俺が悪いんじゃないか

こんなこと思っていませんか?

上司と合わない理由の多くは上司が原因であることが多いです

立場が上になったことで偉くなったと勘違いをしてしまう

世の中に『すごい』人はいても『えらい』人はいません

あなたの意見を否定し、聞いてもいないアドバイスばかりしてくる人とは関わらないほうがいいです

ばたやん
ばたやん
私が悪いと思っていました….

もちろん人間なのですべての人と性格が合うわけではありません

しかし、上司をストレスと感じているのであれば、そう感じさせている上司の責任です

なぜなら上司は部下に気持ちよく働いてもらうためにどうすべきかを考えるのが仕事だからです

上司と合わないなら今すぐ逃げるべき

上司と合わないならいち早く上司から離れるべきです

上司が原因でこんな兆候が出ていたら黄色信号です

危険信号

ストレス発散で毎日・毎週お酒を飲んでいる

気づけば愚痴ばかり言っている

仕事がつまらない

ばたやん
ばたやん
仕事とプライベートは別です

私も昔はこう思っていました

参考記事

男性が事務職へ転職することは可能?営業から事務へ転職した経験談

もしあなたが一生サラリーマンとして生きていくのであれば、最も多くの時間を仕事に費やします。

そこで楽しさを感じられていないならもったいないと思いませんか?

ばたやん
ばたやん
そうはいっても楽しくないんです

それはあなたのせいではないかもしれません

上司や環境のせいではないでしょうか

ばたやん
ばたやん
仕事はつらく苦しいものだと思っていました。お金をもらっているので….

辛いことを我慢しているからお金をもらうのではありません

成果をあげて会社に貢献しているから給料をもらっているんです

上司と合わないなら無理に働き続ける必要はない

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

今の職場で上司にストレスを感じているなら即刻逃げるべきです

転職を視野に入れましょう

ばたやん
ばたやん
高い倍率を勝ち取り入った会社なのに….

倍率の高い会社に入ることが目的なのでしょうか

倍率の高い会社に入る理由は『自分の人生をよりよくするため』ではないでしょうか

有名企業に入ってちやほやされたい

バリバリ働いて出世したい

色々な理由があると思います

しかし、この記事をここまで読んでくれているということは現状自分の人生に満足していないということですよね

一つの企業に依存する必要はないんです

有名企業に属していることを自慢するのではなく『自分が何をしているか』で自分を語れる人間を目指しませんか

上司と合わないなら転職を視野に入れるべき

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

今や転職は当たり前の時代になりつつあります

昭和時代は大企業に属して定年まで働き続けるのがセオリーな生き方でした

しかし、現在は企業名に頼るのではなく『個の力』が求められる時代になってきています

転職の経験がある方は52.5%と半数を超えており2人に1人以上が転職する時代です

転職をしたことがある転職を検討したことがある転職、転職の検討をしたことはない
52.5% 22.0% 25.5%

参考:doda

ばたやん
ばたやん
転職したことがないので不安なんです

転職って人生で決められたレールを歩いてきた人からすると不安なのは当然です

小中高大と行くのが当たり前で就職活動を行って会社に入社

学校や会社を選ぶことはあっても『進む道』の意思決定を自分で行うことはいままでほとんどなかったはずです

そんな初体験をするのですから恐怖を感じるのも無理はありません

しかし、これまで学校のクラス替えや新しく会社に入社するときも少なからず不安はあったはずです

数か月もすれば新しい人間関係が構築されなんとかなっているはずです

そう、意外と人間なんとかなるのです

ばたやん
ばたやん
どうやって転職活動をすればいいか分かりません

転職活動の進め方

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

転職活動は転職エージェントを利用しましょう

現在の職種が合わず未経験職種にチャレンジしたい方は以下の記事を参考にしてください

参考記事

未経験転職に使える転職エージェント10選【経歴書作成の図解付】

ばたやん
ばたやん
転職エージェントってなんですか?

あなたの転職活動を完全無料でサポートしてくれる会社です

転職エージェントの主な支援内容

転職の悩み相談ができる

スキルにマッチした求人紹介

企業情報の提供

経歴書作成のアドバイス・添削

面接対策

面接の調整

年収交渉

入社までのフォロー

ばたやん
ばたやん
こんなに手伝ってくれるのになぜ無料なんですか….そんなうまい話あるわけないです

あるんです!

求人を掲載する企業が求職者が入社した際に報酬を支払う仕組みになっています

そのため転職希望者は完全無料でサポートを受けられる仕組みになっています

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

転職エージェントを使う際に注意して欲しいことがあります

エージェントの中には少々ブラック気味の会社でも選考が通りやすいということで企業を紹介してくることがあります

そのためどれだけエージェントに良い企業です!と言われても自分で調べるようにしてください

ただ転職サイトで求人を探すのは非常に手間ですし、時間がかかるためおすすめしていません

どちらを使うにせよ企業の良い・悪いの判断は自分で企業の情報を調べてしないといけません

転職サイトは経歴書の添削や面接の調整などもすべて自分で行わないといけません

そのうえ経験年数や学歴でフィルターをかけて振るいにかけている多々企業もあります

エージェントは推薦文を書いてもらえるうえ、求人を絞り出して紹介してくれるので効率的なうえ選考通過率も大幅にあがります

良質な求人を見つけるために必ずエージェントに登録して転職活動を行いましょう

エージェントごとに取り扱う求人は違うので3社~5社登録したほうがいいです

私がおすすめの会社を順に紹介していきます

リクルートキャリア

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

取り扱い求人の職種:全般

まず最初に紹介するのは業界最大手の転職エージェント『リクルートキャリア』です

新卒の就活で『リクナビ』の名前を聞いたことがあるかと思います

業界NO.1の会社とあって、求職者に提案する求人の数はどの会社よりも多いです

エージェントからおすすめの求人が送られてきますが、自分で設定して検索することもできます

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

圧倒的な求人数を誇っているので登録しておいて損することはまずないエージェントです

マイナビエージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

私が第二新卒の時に入社を決めた会社は『マイナビエージェント』からの紹介でした

リクナビと同じく学生の就活サイトでおなじみ『マイナビ』はみなさんも聞いたことがあるはずです

業界大手のエージェントとあって取り扱う求人は豊富ですし、転職ノウハウも教えてくれます

積極的に年収交渉も行ってくれます

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

私は入社を決めた企業から当初提示された額が自分の納得のいくものではなかったのでマイナビに年収交渉の依頼をしました

すると約100万円年収アップして入社することができました

参考記事

年収を上げる3つの方法/20代上位3%の年収に到達した方法

非常におすすめのエージェントです

doda転職エージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

取り扱い求人の職種:全般

doda転職エージェント』は業界2番手とあって、求人の数が非常に多いです

転職サイトの『doda』もありますが、求人数が非常に多いため、未経験歓迎の求人を見つけることが難しいです

またdodaには様々なサービスがあります

dodaの特徴的なサービス

・スカウトサービス(経歴書登録で企業からスカウトが届く)

・ヘッドハンティングサービス(企業から引き抜き要請がくる)

・年収査定(自分の市場価値を知れる)

・キャリアタイプ診断(自分に向いている職業を診断してもらえる)

スカウトやヘッドハンティングの要請がくるとその企業に興味を持つ可能性もあるので、登録することをおすすめします

もちろん無料です

担当者は20代~30代前半と年齢が近いことが多く、相談しやすい雰囲気を作ってくれるエージェントです

MS-Japan

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

取り扱い求人の職種:管理系(事務・人事・経理など)

管理部門への転職を目指すなら『MS-Japan』に登録しましょう

私は営業から人事職に転職したかったのでこちらのエージェントにも登録していました

未経験から管理部門へ移るためのサポートも充実してるので管理係の仕事にキャリアチェンジしたい方は利用しましょう

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

求人検索機能ではたくさんある管理系職種を細分化して検索することができます

キャリコネ/企業研究が行えるサイト付のエージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

取り扱いの求人:全般

キャリコネは企業の概要だけではなく、口コミが豊富に取り揃えられており企業の内情まで詳しく知ることができます

別の転職エージェントで勧められた企業をキャリコネに聞いて内情を聞くといったこともよくしていました

企業研究をするにはキャリコネは非常に便利なので必ず登録しておきましょう

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

企業名を入れて検索するとリアルな口コミを観覧することができます

会社に実際にいた方の生の声を知ることができるので、使わない手はありません

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

自身の転職市場価値を調べる方法

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

ミイダス

第二新卒の転職で、年収がどのくらいもらえるか算出してくれる『ミイダス』というサービスがあります

面接の際に希望年収を聞かれることが多いため、自分に適正な年収を知っておくことは必須です

いくつかの質問に選択式で答えるだけです

登録もわずか数分で終わるので一度試してみることをおすすめします

上司と合わない人におすすめの業界

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

穏やかな人が多い業界

ばたやん
ばたやん
せっかく転職してもまた嫌いな上司がいたらどうしよう

人間関係の問題が少ない傾向にある業界を紹介していきます

図書館・美術館など公共施設

公共施設で働く人は『安定志向』の方が多く、もめごとが嫌いな人が多いです

そのため離職率は低く働きやすい職場です

残業も少ないためワークライフバランスがしっかりとれる環境です

機械メーカー

メーカーと言っても幅広くありますが、機械メーカーの人は比較的穏やかな方が多いです

機械メーカーは会社経営が堅実であることが多いため、属する人も『安定志向』の方が集まりやすくなっています

そのため問題を起こす上司の割合も非常に少ないです

『バリバリ働きたい!』という志向の方は『金融業界』『総合商社』『不動産』など給与レンジが高い業界にいく傾向があります

エネルギー業界

電気やガスなどエネルギー業界はストレスを感じる人が非常に少ない傾向にあります

以下はストレス度の低い業界ランキングの調査結果です

電気・ガスや先ほど紹介した機械メーカーにあたる電気機器などが上位です

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない
参考:キャリコネ

離職率の高い業界

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

離職率が高い=人間関係の問題

こう言っても過言ではありません

会社員の悩みで一番多いのは人間関係です

参考:AllAbout

この記事を読んでいる人が上司との人間関係で悩んでいてもまったく変なことではありません

今から紹介する業界は学生の就職先ランキングで上位にくる業界です

なぜなら平均年収が高い業界だからです

その分ギラギラした方も多いため、体育会系な雰囲気になりやすい傾向にあります

金融業界

ばたやん
ばたやん
バリバリ働いて出世するぞ!

こんな野望を持って入社をする人が多いですが、大量採用・大量離職の業界です

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

参考:採用数が多い会社ランキング」トップ300社

金融業界は地方銀行でも200人以上採用しており、5年で同期の半分が辞めている状態です

人数が多いため社内政治も激しく『稼ぐ信念』を持たない人には厳しい業界です

総合商社

商社は高給のため学生に人気ですが、激務な会社です

そのせいか平均寿命が67歳と低くなっています

ばたやん
ばたやん
命を売ってお金をもらうんですね

お酒の席も多く、パワハラに近いことが日常茶飯事に起きる環境です

不動産業界

不動産業界の離職率も高い傾向にあります

休日が少なくノルマが高く設定されている

疲れが溜まりノルマに追い詰められた人が多いので人間関係も良くない職場が多いです

人は余裕がなくなると攻撃的になりやすいので上司や同僚に追い詰められ、離職する人が後を絶たない業界です

上司と合わない!転職しない対処法

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

上司と合わない場合の対処法①異動を申し出る

上司が合わないから異動を申し出るのも一つの手です

例えば営業職で違う営業所に配属して欲しいと願い出て異動するのもよいでしょう

しかし、今の職種にやりがいを感じていて職種変更を伴う異動ならやめておいたほうがいいです

『いろんな職種にチャレンジしてユーティリティプレイヤーを目指したい!』

こういう思想は危険です

大手企業でよく見られる職種のローテーションは専門性を積めないので万が一会社が倒産して転職活動をしようと思っても力量が足りないと評価されることがほとんどです

職種に対して不満がないなら別職種への異動はやめて転職活動しましょう

リクルートキャリア

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

マイナビエージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

doda転職エージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

MS-Japan

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

キャリコネ

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

上司と合わない場合の対処法②人事部に相談する

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

上司とは合わないけれど今の会社・部署は大好きだから辞めたくない

そういった方は人事部に相談をしましょう

このご時世まともに対処してくれる会社は増えています

人事部に相談する前に上司に言われてストレスと感じたことやパワハラ発言があれば必ず記録にとっておきましょう

可能なら録音しておくことです

パワハラ・セクハラをされて証拠があればすぐにでも動き出してくれるでしょう


今はボールペン型のボイスレコーダーが売られているのでおすすめです

上司と合わない場合の対処法③自分と向き合い振り返る

社会人になって働き始めると自分のことを振り返る機会はそうありません

一度初心に帰って自分自身と向き合ってみましょう

今後自分がどうなりたいか考えてください

転職活動を行うならなおさら自分を振り返ってみてください

自己分析を行い、自分の強みを見つけていきます

おすすめは自分史を作ることです

自分の人生でポジティブなこと(下記表+)とネガティブなこと(下記表-)に分けそれぞれを5段階評価していきます

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

ポジティブなことで赤色を付けているのは人生の上で非常に印象深いことや思い出に残っていることです

逆にネガティブなことは自分の人生で非常に辛かったことを記載しています

このように書くことで自分の人生の転機はいつか分かるようになります

私は26歳の時に営業から人事へ転職しました

その動機付けとなったのが20歳の時の『家庭教師した子が高校受かる』、21歳の時の『ハンドボールのコーチ』です

人に物事を教えたり、組織を動かすことに楽しさを感じていると気付いたためそういった職種は何かと考えたとき人事だったのです

転職の際にほとんどの面接で『なぜその職種に就きたいと思ったんですか?』と聞かれます

私は上記の答えを話していました

その際動機がないと『何も考えていないんだな』といった印象を与えてしまいます

そのため必ず自己分析を実施しましょう

自分史を作るために書き出すと意外と見えていないことが見えてきます

下記に先ほどの表を添付しておくのでよければ自己分析にお使いください

合わない上司にやってはいけない対処法

c

上司に対抗心を燃やす

上司に対抗心を燃やしてやられたらやりかえすのスタンスですと自分自身が疲弊してしまいます

復讐は何も生み出しません

今の上司と関係を保つのが無理なら関わらない環境に移るのがベストな策です

無意味な争いはやめておきましょう

上司を無視する

上司と関わりたくないあまり無視するような幼稚なことはやめておきましょう

仕事に影響を及ぼすようなことになってはあなたの評判や評価が落ちてしまう可能性があります

上司がどのような態度であっても毅然とした態度でいるようにしてください

文句や愚痴を同僚に話す

文句や愚痴を言っても何の解決にもなりません

話すことで一時的にイライラを解消できてもまたイライラすることになります

週末の飲み会でただひたすら文句や愚痴を言うことが楽しみ

こんな大人に誰が魅力を感じるのでしょうか

職場で上司に悩んでいるのに、プライベートまで上司に時間をとられないようにしましょう

環境を変えることは逃げではないですし、恥ではありませんよ

上司にストレスを感じすぎると病気になるかも

img src=boss-do-not-fit.jpg alt=上司と合わない

ストレスが原因でうつ病になり休職となる

こういう事例はよくあります

ばたやん
ばたやん
自分は性格が明るいのでなりません

こんなことを言う人は多々います

うつ病のやっかいなところは自覚症状がないところです

症状が出にくいのでいつのまにかストレスが溜まって気づけば仕事に行けなくなる

うつ病に一度なると回復するまでに非常に時間がかかります

もし上司に長い間ストレスを感じ続けているのであれば環境を今すぐ変えたほうがいいです

うつ病になりやすい人の特徴として

①人付き合いが良い、優しい、親しみやすい

②おおらかでユーモアがある

③物静かで落ち着きがある

学生時代クラスのリーダーでだれからも好かれているような人がうつ病になりやすかったりするんです

誰にでもなる可能性がある

このことは必ずきもに命じておいてください

ばたやん
ばたやん
明るい人もなるんですね

もしメンタル的に不調を感じ続けているなら今の職場を変えることも検討しましょう

一番大事なのはあなたの体です

苦手な人のために自分を傷つけ続けないでください

転職活動を視野にいれましょう

リクルートキャリア

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

マイナビエージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

doda転職エージェント

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

MS-Japan

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

キャリコネ

img src=no-experience-job-change.jpg alt=未経験職種への転職

ABOUT ME
ばたやん
大手メーカーの人事担当者です。採用・教育・給与計算・人事制度の構築と幅広く人事業務に携わっています。 キャリアコンサルトも経験しており、あなたの仕事の悩み解決をお手伝いします。 経歴 株式会社マキタ営業職→ITベンチャー人事担当→大手メーカー人事担当

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です